嶽きみ(とうもろこし)の賞味期限について

とうもろこし(嶽きみ)の賞味期限についてのお問い合わせが多いので説明します。

嶽きみは生で食べられるのですか?
何日くらい保存できるのですか?
どのように保存すればいいのか?
鮮度の見分け方は?

今回は嶽きみ(とうもろこし)賞味期限について書きます。
・嶽きみ(とうもろこし)の賞味期限について
収穫から早ければ早いほど美味しいです。これは絶対です。
今すぐ食べてください。それしかないです。

先日、朝どりを沖縄に発送して2日後に沖縄到着!
イベント用だったので冷蔵庫で保存して翌日午後に食べました。
つまり収穫から3日と10時間後に食べたことになります。
やはり、本来の甘さの2割引きといったところでした。
もちろん、現地の人は気づかないレベルです。
自称世界一のブランドとうもろこしですから!

結果的には「すぐ食べる」「冷蔵で保存する」の2点です。
収穫から2日以内がオススメです。
遠くのスーパーでは絶対無理な鮮度ですね。
産地からのクール便での直送が確実です。

コメントは受け付けていません。