味覚の秋!嶽きみシーズンまっさかり

最高のとうもろこし 嶽きみ嶽きみ.comの出荷も現在順調に進んでいます。23日・25日出荷の嶽きみを食べた方からのリピート注文が相次いでいます。津軽の秋は嶽きみと毛豆といっていいかもしれません。青森には知られていない多くの食材が隠されています。12月には新幹線が青森まで開通します。来年の秋は「嶽きみ」を現地で食べるツアーが開催されても不思議ありません。

嶽きみ.comダイレクトショップ
http://shop.dakekimi.com/?mode=cate&cbid=559850&csid=0

鈴木農場の嶽きみは予定数量完売となりました

嶽きみ.comダイレクトショップで販売している「鈴木農場の嶽きみ」
おかげさまで予定数量完売となりました。
9/20以降の商品は好天のため、ベストの状態の販売ができないため販売を終了としました。
また、来年のご注文をお待ちしております。

嶽きみ.comでの出荷は9/17日まで行われます。

嶽きみ露店情報 その5

早朝の嶽きみ露店嶽きみ露店は好評営業中です。営業は9月中は続くと思われます。
さて、営業期間もそうですが、露店は何時から営業しているのでしょうか。調べてきました。写真は5時台の写真ですがどのお店も営業していません。8時にはお店の準備を始める姿が見られるようになりましたので露店へ行く方は8時30分すぎの方が確実に営業しているといえるかもしれません。

※露店の情報は個人で収集している範囲の情報です。
実際の営業については当日現地で確認してください。

嶽きみと足湯

嶽温泉 足湯23日映像撮影にきた方2名を案内しました。待ち合わせは5時ですが、お二人は事情があって遅れるそうです。というわけで嶽温泉のお散歩館で新聞を読みながら足湯に浸かりました。「虫の音と鳥の声と足湯温泉」なんとも贅沢ですね。呼吸がゆっくりになるのがわかります。なんて行ってる間に5:40分です。二人の到着時には足が老人のようにふやけていました。

その後、収穫したばかりの嶽きみを食べた二人はその甘さに驚嘆していました。

嶽きみの収穫の様子 その2

嶽きみとトラクター続きです。
麻袋に入れられた嶽きみは非常に重いです。20キロオーバーです。広大なとうもろこし畑からは運ぶのが大変です。というわけでトラクターを利用して運ぶことになります。でも1度に詰める量は限られています。何度も何度もこの作業を繰り返しています。ダイエット成功は間違いないでしょう。

嶽きみの収穫の様子

嶽きみの収穫の様子嶽きみの収穫は朝早くから行われています。4時台は結構寒いのですが、7時もなると畑にいるだけで汗ばんできます。この寒暖差がうまさの秘密なのでしょう。嶽きみの収穫です。収穫作業の担当の方はトウモロコシ畑の間に入って一心不乱に収穫をしています。見ている私でも汗が流れているので相当なサウナ効果?でしょう。収穫した「嶽きみ」は麻袋に入れられて選果場所へと運ばれていくのです。

嶽きみ.comの2010年初出荷しました

嶽きみ収穫とうとう初出荷となりました。今年は好天のためすでに嶽きみが店頭にも並んでいますが、確実な出荷ができるよう8月23日を初出荷としていました。
気になったので、出荷日の朝の様子を確認に行ってきました。
朝収穫→選果→箱詰→出荷
朝収穫した嶽きみは午後にはクール便のトラックに乗って全国発送されました。
本日出荷の商品は24日or25日には到着予定です。
購入された方はお楽しみに!

嶽きみ露店情報 その3

嶽きみ 崎野農園?嶽きみ露店 佐藤農園?

NHKからの取材や青森県庁の取材を受けるための
打ち合わせを兼ねて露店の様子を見てきました。

昨年と同様の露店数まで増えたようです。
昨シーズンは嶽きみは並んでいない時期ですが
今年は早くも最盛期といった感じです。
天気は今ひとつでしたが多くの車が嶽きみ目当てに来ていました。

今年の鈴木農場の嶽きみは絶対オススメです

嶽きみ コーンバター甘すぎる。甘すぎです。
居酒屋風のコーンバターにしてみたがまるで砂糖を入れたような甘さです。
もちろん新鮮なものは生でもOK!フレッシュなサラダです。
やはり独特の気候と天候、そして鈴木さんの栽培技術がはまった時の
嶽きみは最高のとうもろこしといっていいと思います。
日本一美味しければ、世界一でもおかしくない気がします。

予告!
今年の最高品質の嶽きみをお歳暮商品として数量限定で商品化の予定
興味ある方は嶽きみ.comからお問い合わせください。
選りすぐりの嶽きみを新鮮な状態でパッキングします。
ご期待ください!高級お歳暮商品です。