嶽きみの見分け方について

美味しい嶽きみ、品質の良い嶽きみについて書きます。

鮮度について
嶽きみをはじめ、スイートコーンは鮮度が大事です、
もぎたての嶽きみは、水分を含んでいるのでしっとりしているものが良いです。店頭で買う場合も、冷蔵で水分があるものの方が、保管状態が良いと言えます。

品種について
嶽きみは品種ではありません。嶽地区で栽培されたスイートコーンを指します。つまりいろんな種類があります。8月に収穫される品種と、9月に収穫される品種は別のこともあります。見た目では判断はつきにくいですが、バイカラー品種(白と黄色の混ざった品種)はわかるので、食べ比べるといいかもしれません。

嶽きみの実入り
嶽きみをはじめ、スイートコーンの中を見分けるのは難しいです。出来るだけサイズが大きく、先端までみがありそうなものを選ぶのが基本です。ヒゲを引っ張って切れるものは避けましょう。

2019年嶽きみ露店・直売所情報 その2

嶽きみが最も美味しい季節になりました。9月に入り、寒暖差も激しくなってきました。嶽きみらしい甘さが濃くなってきました。
岩木山の露店・直売所は混雑して渋滞が起きています。

週末に嶽きみ露店に向かう方は、西目屋村側から向かうことをオススメします。

2017年嶽きみ露店情報 その1

2017年の嶽きみシーズンスタートしました。
例年より収穫時期が早いようですでに流通始まっています。
嶽きみの露店営業していますが、早い時間で売り切れているお店もあります。
早い時間に行くのがおすすめです。

現地に行けない方は通販がおすすめです。
嶽きみ通販.jp
収穫した日の発送になるので鮮度は確実です。

2017年嶽きみ露店

2017年嶽きみ露店

2017年嶽きみ露店の作業

2017年嶽きみ露店の作業

2016年嶽きみ露店情報 その1

嶽きみの露店情報、わかる範囲で今年も更新します。
2016年8月3日は露店でとうもろこしを販売している店が3件ほどありました。
露店の準備も始まっていました。

甘さや大きさ、生育状況考えると来週以降にしたほうがいいでしょう。

facebookページ「嶽きみ」も是非「いいね」お願いします。
https://www.facebook.com/dakekimi

2016年嶽きみ露店準備

2016年嶽きみ露店準備

2016年嶽きみ畑

2016年嶽きみ畑

2015年の嶽きみ初物

今年の夏は暑いです。嶽でも30度を超える気温になりそうです。
今年の初物の嶽きみを食べました。
ちょっと若いですが、甘くて美味しいのは例年通りです。
本格的な収穫はお盆頃からになりそうです。

2015年嶽きみの初物

2015年嶽きみの初物

2015年嶽きみの畑写真

2015年嶽きみの畑写真

2014年度 初の嶽きみ食べました

鈴木農場の嶽きみは栽培方法が多少違うことから、少量ではありますが早めに収穫されます。
今年初めての嶽きみは「蒸しきみ」で食べました。凝縮されて美味しかったです。
露地物で一般的に流通するのはお盆以降、収穫量が多くなるのは8月20日以降です。
味が美味しいのも個人的には8月下旬から9月上旬くらいだと思います。

嶽きみの蒸したもの

嶽きみの蒸したもの

嶽きみの種・種子について

嶽きみの種・種子についてのお問い合わせをいただくことが多数あるので書いてみます。
「嶽きみ」は青森県の岩木山の嶽地区で収穫されるスイートコーンを示す名称です。
種苗登録されている品種ではありません。
つまり嶽きみは品種ではありませんので、嶽きみの種というものは存在しません。
また、F1であることからも翌年に引き継ぐことはできません。
嶽きみを栽培する方法は、嶽地区に来てスイートコーンを栽培する他にありません。
嶽きみは岩木山の独特な土壌や気候が生み出す天然の産物と言えるでしょう。

嶽きみ畑から見る岩木山

嶽きみロード

今週末は岩木山の百沢~嶽温泉~岩木山スカイライン~枯木平までの嶽きみ露店の渋滞が起こる予想です。嶽きみ収穫が本格シーズンを迎えています。
「どこのお店で買えばいいですか?」そんなお問い合わせがありますが、
いろんな露店で購入して食べ比べるのがいいと思います。

嶽きみロード(嶽きみの露店の並ぶ道路)

嶽きみもいいですが、青森の毛豆(早生改良の福丸)も収穫され始まましたね。
青森・津軽の最も美味しい季節がきたと言えるでしょう。

■青森毛豆ダイレクトショップ
嶽きみと双璧とされる最強の枝豆 9月下旬に出荷予定

■青森毛豆研究会